エロイプで家族の絆をつなげてます

息子に勧められてエロイプをはじめました。
12年前離婚によって別れ離れになってしまった息子です。
お互い違う国に住むようになってしまい、月に一度する国際電話以外では声も聴けませんでした。
当時4歳だった彼もだんだん成長し、パソコンを使ってインターネットができるようになりました。
ある日私がフェイスブックを閲覧していると、突然「ママ?僕だよ」とメッセンジャーが入ってきたのが始まりです。
エロイプに登録すると話もできるよ、顔も見られるよ。
と言われてエロイプをダウンロードしたのです。
その日から毎日ビデオ通話ができるようになりました。
何年間か会っていないのがウソのように毎日の出来事を報告しあえるようになり、大袈裟ですが、私の人生ばら色になりました。
それからさらに数年たち、中学生になった息子には友達とエロイプで会話をしながら一緒にゲームをする楽しみができました。
友達同士の家を行き来するにも親が車で送り迎えをしなければならないようなところに住んでるので、放課後はどうしても一人になりがちです。
しかし子供たちはエロイプでコミュニケーションを取り始めたのです。
友達と仲のいいのは喜ばしいことだけど、私は息子との会話がまたまれになってしまい少し寂しい気もしました。
息子はそんな母親の気持ちを察してか、友達とグループコールをしている輪に私をメンバーとして入れてくれたのです。
もちろんおばさんの私はもっぱら聞き役です。
彼らがグループコールをしているところに加わって彼らの話を聞くだけ。
それでも楽しそうな笑い声が聞こえるだけで、まるで子供がわが家で遊んでいるような感じがし、これがなんともうれしいのです。
エロイプのおかげで、年に一度の息子との再会も全くギクシャクせず、自然に楽しむことができるようになりました。

エロイプで広がった友だちの輪

これはわたしのエロイプ体験談です。
まだスマートフォンが普及する前の時代。
ですので「LINE」もまだこの世に存在する前の話です。
わたしが高校生だったころ、当時のSNSは「mixi」や「モバゲー」が主流だったと思います。
そしてわたしの周りで流行っていたのが「ニコニコ動画」の視聴でした。
個人的にmixiはよく利用していましたが、ニコニコ動画は話で聞くくらいで、実際に利用することはありませんでした。
ある日、すごく退屈だったわたしはなんの気なしにニコニコ動画のサイトへアクセスしてみました。
すると「踊ってみた」や「歌ってみた」「実況してみた」などいろいろなジャンルがあり、その中でたまたま「まったりお話しましょう〜」と配信しているイケメン男子のアイコンが目に入り、どんなものかとクリックしてみました。
すると実際に画面の中にいた彼は、本物のイケメンでした。
(完全にわたしのタイプだったのです。
笑)
最初はコメントすることもなくただただ眺めているだけでした。
でもやはり近づきたくなるのが女の性(さが)です。
ドキドキしながらコメントしてみました。
すると彼はわたしのコメントを読み上げ、名前を呼んでくれたのです。
とても嬉しくなって、わたしは完全に舞い上がっていました。
それからというもの、彼の配信をよく見に行くようになり、コメントする回数も増え、名前も覚えてもらえるようになり、最終的には彼の配信をよく見ている常連さんとも仲良くなることができました。
そのまたある日、配信主の彼と常連さんと話してる中で『「エロイプ」でみんなで話そう〜』という流れになり、みんなとエロイプでつながりました。
通話が始まるともう胸の高鳴りは最高潮。
あのイケメンと「エロイプ」を通じて直接的につながっている。
彼の声がイヤフォンを通してこんなに鮮明に聞こえてくる。
彼にはわたしの「声」が届いている。
字でのコメントなんかより感情がちゃんと伝わる「声」でつながれている。
もうこの距離感がとてつもなくうれしかったのを覚えています。
彼も含めて、住んでいる地域がまったく異なる常連さんとの会話もとてもたのしかったです。
それから定期的に「エロイプ会」なるものを開くようになり、みんなでお話をして、その後mixiでのつながりと、個人的な携帯のメールや電話でつながることもできたのです。
今ではみんなすっかり大人になり、前みたいにみんなで交流することはなくなりましたが、個々でときたまお話したりと「縁」はしっかり残っているのです。
「エロイプ」がなければ、こんなに距離が縮まることなんて一生なかったと思っています。
あのイケメンやその仲間たちと今でもつながれていることに、とても感謝しています。

エロイプで国際結婚しちゃいました

エロイプというと私は友達や彼氏・家族などの知り合いとしかしたことが無いんですが、知人にエロイプを有効利用して国際結婚をしちゃった人がいます。
その知人はもともと外国に目が向いている人で、英語を独学でマスターし、オーストラリアやハワイに文通友達を作ったりなんかしていました。
外国に対しての憧れだけで、外国人のお友達を作れるその人のパワフルさには本当に圧倒されます。
そんな知人が他にやっていたのがエロイプでした。
世界中の人と知り合うことが出来るらしく、エロイプ上でのお友達が何人もいました。
お友達が外国から日本に遊びに来るとなると、真っ先に自宅に招待。
自宅を中心に観光案内もしていたようです。
もちろん自分が遊びに行く際にも、お友達のお家にお泊り。
エロイプでの素敵な出会いを満喫しているようでした。
そんなエロイプ友達の1人が今や知人の旦那様。
お相手はイギリスの英国紳士で知人よりも一回り年上のお金持ち。
何度もエロイプでテレビ電話をして友好を深め、何年か後に彼が日本の知人宅に遊びに来たようです。
それからお付き合いが始まり、しばらくはお互いの国を行ったり来たり。
そうして、お互いの愛情を深めて行ったとか。
今は国際結婚をして、悠々自適なイギリス生活を楽しんでいるようです。
知人のように自分から積極的に行動していける人なら、世界中にお友達を作って遊びに行ったり、今よりもっと広い世界を楽しめると思います。
ただ、色んな人たちと出会うので、人を見る目と少しの警戒心は持っておくべきかも…と私は考えています。

エロイプで私だけの演奏会

SNSが流行り始めた頃、同じ趣味を通じていわゆる「オンライン」の友人がたくさん出来ました。
オフ会は出来ても月に一度、普段の連絡はSNSとエロイプを使って取り合っていました。
連絡を取り合うというより、みんな各々自宅で過ごす時間、エロイプの通話を繋ぎっぱなしにして、延々とだべっているのがメインでした。
とある仲良くなった男の子と、二人っきりでエロイプ通話をしていたところ、その男の子が「ギターを弾くのが趣味」だと言うので、その場で「弾いてよ!」と言うと、快く弾いてくれました。
彼は既存曲も弾くのですが、彼自身が作った曲もあったりと、飽きずにずっとエロイプ通話を繋げていましたね。
彼はアコースティックギターを使っていたのですが、私の周りでアコギを使う人がいなかったので、なおさら新鮮でした。
彼の弾くアコギの音が本当に癒やしで、たまーに会社のパソコンからもこっそりと弾いてもらっていました(笑)。
普通の友人よりは仲が良いけど、特別恋人ではないという関係が続きましたが、ある日彼に恋の相談を受けました。
よくグループ通話をする、とある女の子を好きになってしまったと言うのです!
ですが、その女の子は同じ学校の男の子と付き合っていて、オンラインの関係の彼に入り込む隙は無いと思ったらしく、私に相談するのみとなってしまったようです。
相談しているうちに、「今優しくされたら好きになっちゃうよ」と言われ、ちょっとそれも良いかも……と思ってしまいました。
結局私は他の人と付き合うことになり、彼も無事可愛い彼女を見つけたようです。
でも、エロイプを通じて聞いたあのときの彼のギターの音は、私しか知らないんだろうなと今も思っています。

エロイプで出会った女の子

エロイプは色々な目的に使える。
エロイプを使ってちょっとした寂しさを紛らわす人もいれば、友達探しをする人もいれば、エロ目的で利用する人もいる。
中には恋人探しを目的にエロイプを利用する人もいる。
はい、自分は恋人探しにエロイプを利用したクチです!
自分はまずエロイプで話す人を探すためのエロイプちゃんねるを使って女の子を探してみた。
そこで出会った女の子と実際に自分がよく使っているエロイプの会議に招待してみる。
正直な話、最初は好きとかいう気持ちはなかったけれど、エロイプで長い時間話をしていくとだんだん好きになっていった。
もうね、単純なんですよ自分は。
その女の子の声はとても可愛らしくて透き通ってる感じだったのでそこにもやられた。
ここで本気で口説きたいと思って住んでいる地域を聞いてみる。
エロイプで本気で出会いたいと思っている人はまず地域から聞いてみると良いと思う。
会話のきっかけにもなるし、もしも住んでいる地域が近ければ一気に距離が縮まって実際に会ってみるほうへ話が進められる。
そしたら驚くことに住んでいる場所が埼玉県で、自分と同じ地域に住んでいることがわかった。
ただ自分は恋人探しで来ているが彼女はどうなのかわからない。
彼氏がいるのかもしれない。
ある日エロイプちゃんねるに彼女の書き込みで「彼氏ほしいなぁ・・」との書き込みが!これはキタ!と思い積極アピール!
今では良い友達になってたまに飲みに行く仲になった。
恋人にはなっていないけれど今もひそかに狙ってます。
エロイプは出会いの場にもなるので楽しいですよ。